2011年11月30日
 ■  新型軽乗用車「N BOX」を発売

nb1.jpg

Hondaは、新設計のプラットホームとパワープラントを採用し、「日本にベスト
な新しいのりものを創造したい」という想いを込めた新型軽乗用車「N」
シリーズの第一弾モデル「N BOX(エヌ ボックス)」を12月16日(金)に
発売します。

「N BOX」は、革新プラットホームによる、軽乗用車の概念を超えた広さ、
快適さ、経済性を実現し、Hondaが得意とするミニバンの魅力をそのまま
軽乗用車に凝縮した「ミニ・ミニバン」を目指して開発しました。

Hondaのクルマづくりの原点でもある「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想※1」を具現化した新たなプラットホームは、「フィット」に採用し
、スモールカーの概念を革新したHonda独創のパッケージングテクノロジー
「センタータンクレイアウト」と、新開発のパワープラントを組み合わせ
軽乗用車としては最大級※2となる室内空間を作り出しました。

また、新開発のエンジンとトランスミッションにより力強い走りと燃費性能
を両立。これまでハイブリッド車に展開してきたアイドリングストップ機構と
あいまってクラストップレベル※3の低燃費を実現しました。

子育て中のファミリーにも使いやすい広さと安心感を備えたベース
グレードに加え、強い個性と圧倒的な存在感を求めるお客様に向けた
「N BOX カスタム」を設定。お客様の嗜好に合わせた選択を可能としました。

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業